汎用性重視!ビジネスシーンで有効になる資格三種

英語系の資格はどんな仕事にも合う

ビジネスのシーンで有効活用しやすい資格にも色々とありますが、その中でも英語系の資格の威力は誰もが認めるところではないでしょうか。英語は今どんな仕事場ででも役立てられるものですし、これからも使えなくなることがありません。中には英語力がないと昇進ができないという業界も数多いのです。特に世界を相手にするような大きな仕事をしたいなら、英語力だけは付けておいた方がいいでしょう。英検やTOEFL、TOEICなどは、スコアを上げておくのが理想です。

ビジネスマナー系の資格も有効

ビジネスマナー系の資格も、ビジネスシーンではとても有効に使えることでしょう。秘書技能検定などは、別に秘書になる人だけが取得をするのではありません。その資格があれば、マナーについては心配がいらないということですし、そもそも資格取得のために勉強をしておくだけでも、色々なシーンで役に立ちます。ビジネス実務マナー検定などは、サラリーマンなら誰でも有効活用していけることでしょう。営業時にも役立ちますし、そもそも面接時にもあれば一歩有利になります。

乗り物系の資格も汎用性は高い

普通自動車免許がなければ仕事にならないケースは多いです。どういった仕事をするにしても、普通自動車免許は必要になるでしょう。ちょっと他人の車を動かすという場合にもなければなりません。ビジネスシーンでは、最重要なものの一つです。もちろん、普通自動車免許以外の乗り物系の免許を持っていることは有利に働きますね。バイクの免許や大型バスの免許なども、あれば便利でしょう。外に出て仕事をするときには、公共の交通機関での移動ばかりではないからです。

社労士の資格に興味があるなら、通信教育がおすすめです。空いた時間を利用して社労士の講座を受けられますから、社会人でも勉強することができます。