宅建を取るためにやっておきたい3つのこと

1つのテキストを極めるまで繰り返す

宅建の合格率はおおよそ16%前後で、決して簡単な資格とは言えません。絶対合格するために、勉強に漏れがあってはいけないからと、初めから何冊も教材を買ってしまったことはありませんか。これは、逆に中途半端になってしまう可能性があります。一般的にしっかりと合格実績がある教材は、出る可能性が高い問題と、可能性が低い問題を独自で分析していて、結果として「合格点」を取れるように構成されています。まずは一冊を完璧だと思えるくらいにしてから、次に進むのが賢明な判断と言えるでしょう。

Youtubeの説明動画で大枠を掴む

宅建の試験は受験料だけでも7000円、そしてテキストに問題集を揃えたら、1万円は簡単に超えてきますよね。もしあなたが初心者で、その他にも講座を受けてみたいと思っている方は、一度Youtubeを開いてみることをオススメします。いきなり講座に行くよりも、簡単に大枠をつかめる動画がたくさんあります。理解しにくい単元名を検索してみると、有名な先生の動画がたくさん出てきます。もしかしたら、あなたにとってわかりやすい、ぴったりの講師が、いるかもしれません。種類も豊富にあるので、初心者が大枠をつかむのには良いでしょう。そこで基礎知識の土台をつけた上で、より細かな知識を得るために、講座を探してみるのも良いでしょう。

暗記に頼らずにイメージで理解する

宅建は合格率を下げている難しさの一つは、暗記量の多さにあります。しかし、実は暗記に頼らず、理解することが合格の近道なのです。例えば、都市計画法の用途地域は、12種類もあり、それぞれの規制や特性を覚えるのはかなり時間がかかります。そこで、あなたの町に置き換えてみてください。実際に、最も身近な具体例を当てはめることで、例え暗記漏れがあったとしても、この地域にこんな規制があるのはおかしいはず、のように考えて答えを導くことができます。ぜひ、具体的なイメージを持って勉強してみてくださいね。

宅建の講座には、通学、通信、WEBなどの形態があります。講座を担当するスクールも国内に多数あります。短期合格、働きながらでの学習に対応している講座も多くあります。