こんなに多い!?相続税対策に関する落とし穴

相続税の節税なら専門の税理士にまず相談

相続税の節税をする際には相続に関する法律に詳しい税理士に依頼することが大切になってきます。ここで費用をケチってしまって相続申告の実績の少ない税理士などに依頼してしまうと本来受けられるはずの控除が受けられなかったり、財産の評価額の引き下げに失敗してしまって、結果的に相続税が高くなってしまうというリスクが発生してしまうのです。相続税の負担を少しでも軽減する場合には、非常に多くの特例を熟知していたり各種財産の評価も適切に実施できるスキルが必要とされます。

長期的な相続対策の相談ができる税理士

相続というのは財産がある限り続いていくものであります。その都度高額な相続税を払っていたのでは、子供や孫への負担も大きくなってしまいますので、相続税の対策を長期的な観点で実施できる税理士に相談しておくということが節税に非常に役立つのです。特に一次相続で税額が大きくなった場合には二次相続でも相続税が多くなることがありますので、長期的な視点で早期に対策をしておくことが重要になってきます。このような長期的な相続税対策ができるのも税理士活用のメリットになると実感できるでしょう。

相続税の税務調査を回避するための税理士

相続税において税務調査が発生することがあるということは多くの方が知っていることでしょう。しかしどのようなケースにおいて税務調査が発生するのか理解していない方もいらっしゃいます。基本的に相続税の税務調査においては追徴課税が発生する可能性が高いと考えられる場合に対象となることがあるのです。つまり追徴課税が発生しにくいような書類を用意して申告することで税務調査を回避することが可能になるのです。このような相続税申告書を作成する際にも税理士の力が非常に重要になってくるんですよ。

相続税相談のタイミングは、それぞれの相続人の事情によりますが、なるべく早いうちに依頼をすることで、スムーズに話し合いを進めることが可能です。