相続税の相談、税理士にするのはどんな場合?

知っておきたい、相続税の基礎控除

相続税とは、亡くなった親などの財産を相続する際に発生する税金です。しかし、相続をしたからといって、必ずしも相続税が発生するとは限りません。基礎控除といって、相続する財産が一定以下の金額であった場合は、相続税を払わなくてもよいのです。法定相続人の人数に600万を掛け、それに3000万円を足した額が基礎控除額になります。不動産などを所有し、預金額がそれなりにあると超える場合が多いため、相続税を払うことになります。その場合、相続が発生してから10ヶ月以内に申告・納税しなければなりません。

相続税の相談はどこにする?

相続税の相談先は、一般的に税務署か税理士のどちらかになります。相続税が基礎控除以下で、不動産の名義変更などをする場合は司法書士へ、相続人同士でもめているなどの場合は弁護士にすることもあるでしょう。税務署には、税務相談コーナーがありますから、そこへ行けば無料で相続税の申告書の書き方を教えてもらうことが出来ます。しかし、この場合、自分で申告しなければなりません。複雑でよく分からない、節税したいという場合は、税理士に相談したほうがよいでしょう。

税理士に相談するメリット

税理士に相続税の相談をすると料金がかかりますが、節税や不動産の売却などの相談に乗ってくれますし、手続きを任せることが出来ます。税の申告が出来るのは税理士だけで、司法書士など、他の職業では出来ません。相談したからと言って、その税理士に申告を依頼しなければいけないわけではありませんから、複数の税理士に相談することも可能です。税理士は相続手続きの経験があり、税金のことだけでなく、相続全般について相談に乗ってくれる人を選ぶとよいでしょう。

財産相続については、様々な悩み事がつきもののようです。やはり前もって専門家の相続税の税理士さんに相談するのが一番良い方法です。トラブルがおきた場合や申告の仕方等、あらゆる問題への対処法を知っています。