投資信託ファンドを選択する為のテクニカル分析

株式の分析方法とは?

投資信託ファンドなどに投資をする場合には、株式に直接投資をする場合に比べて、それほど専門的な知識が必要とならないと言えますが、やはりより良いファンドを選択していくためには、株式に関する専門的な知識も高めておいたほうが良いと言えます。それでは、どのような専門的知識を身につけておけばよいのでしょうか。まず、株式の分析方法には、ファンダメンタル分析とテクニカル分析というカテゴリーがありますが、ご存じでしょうか。

テクニカル分析とは?

ファンダメンタル分析とは、その企業に利益を稼ぐ力があるのかどうかというようなことを、財務情報から分析していく手法のことを指します。一方、テクニカル分析とは、株価のチャートやデータなどにより、市場の動きを研究し、将来の株価の方向性を予測する手法のことを指します。ですから、我々がよく耳にする株式市況の報道で素人にわかりにくい部分は、どちらかというとテクニカル分析に関する用語のほうにあると言えるかもしれません。

株価チャート分析とは?

このテクニカル分析において最も典型的なものが、株価チャートを使用した株価の分析です。それでは、株価チャートによる分析とは、どのようなものなのでしょうか。まず、この手法は、「歴史は繰り返す」という前提にたって構築されていると言うことができます。つまり、株価チャートがこのような形になった時には、過去の経験から株価は上昇相場に向かうことになるとか、あるいは、過去の経験から株価は下落する傾向にあるといったような具合です。

投資とファンドのポイントを学ぶには、経済や株取引に関する専門的なノウハウを把握することがとても大事です。