火災保険や地震保険・選ぶときのポイントは?

火災保険は「時価」でなく「再調達価格」で

火災保険の保険金額の決め方には、「時価」と「再調達価格」があります。時価とは新築や購入にかかった金額から使用による消耗分を差し引いた金額のことで、再調達価格とは同等の建物や家財を再築・再購入するのに必要な金額のことです。時価で設定すると、火災で家が損害を受けた場合に保険金だけで同じ建物を建てたり、家財を購入できない可能性が大きいので、再調達価格で設定するのがオススメです。建物の保険金額は、新築したときの金額になります。

わからない場合は、相談しましょう

建物の保証とともに加入しておきたいのが家財の補償。全部をそろえ直すと結構な金額になります。家の中を見回して、1店ずつの家財金額をリストアップしていったほうが正確ですが、なかなか面倒なもの。わからないない場合は、損保会社か代理店に相談しましょう。補償の内容は、火災、落雷、破損・爆発、物体の落下・衝突、水もれ、騒じょう、風・ひょう・雪による一定額以上の損害、盗難、水害、持ち出し家財の補償がセットになっているのが一般的です。

地震保険は火災保険とセットで加入

地震、噴火またはこれらによる津波で火災、損壊、埋没、流失した場合は、火災保険では補償されません。こういった地震災害専用の保険が、地震保険です。地震保険は火災保険とセットにしなければ、加入できないのが特徴です。保険金額は、火災保険の30~50%までで建物は5000万円、家財は1000万円が限度。保険料は都道府県別に設定されていて、何処の損害会社で加入しても同じです。地震保険をセットにすると保険料は高くなりますが、入っておいたほうが安心でしょう。火災保険と地震保険の保険料を節約するには、それぞれの割引制度をチェックすることも肝心です!

火災保険に加入していると、火事で家が燃えてしまったときに補償が受けられますが、補償する事故は「火災」だけではありません。落雷や風災、水害などの自然災害のほか、水漏れや盗難などの事故にも対応しています。